さくら総合専門学校




本校救急救命科では、
現場で消えかかる命の炎をつなぎ止め、
医師に引き継ぐ過程の中で「傷病者のために!」を一番に掲げています。

最先端の知識・技術に裏づけされた冷静な判断力・行動力を兼ね備えた、病院前救護のプロフェッショナルを育成します。




国家資格合格率100%(28年3月実施)
全国模試1位、選手権4位獲得(26年度実績)
公務員対策も充実

本校の確かな実績 国家資格の合格率はもちろん、JESA主催の全国模試等の実績も好成績を収めています。 また、2017年より公務員学科の増設に伴い、今までの公務員対策をさらに増強し、公務員試験合格を目指します。




救急救命士は、ケガや病気で苦しむ人のもとへ駆けつけ、医師の指示に従って、
より高度な救急救命処置を行い、病院へ搬送する任務を担っています。

一刻を争う傷病者を処置する場面が多く、医療の知識と迅速な対応が求められる仕事です。