学科紹介

臨床工学科

臨床工学技士とは?

医療機器を操作、管理し、命を支える臨床工学技士

臨床工学技士は、人工呼吸器、人工透析装置、 人工心肺装置、心臓ペースメーカなど、生命維 持管理装置を安全かつ適正に操作したり、保 守点検をする医療機器専門のエンジニアです。 また、病院内で使用されている多数の医療機 器の保守点検管理も臨床工学技士の仕事です。 医療機器がいつも正常に動作するように整 備・点検すること、それは患者さんの“ いの ち'' の維持を約束することでもあるのです。 現在、臨床現場では多くの最新医療機器に よって患者様の命を支えています。 その中で臨床工学技士の担う役割は医療機 器を操作し、安全を確保することです。 医療機器は年々高度になり複雑化しています。 その中で、臨床工学技士は医療に不可欠な医 療機器を扱うスペシャリストとして、チーム医 療に欠かせない存在となっています。

臨床工学技士の主たる業務

人工透析

腎不全になってしまった患者さんに対して、血液をろ過する治療。主に、針を腕の2か所に刺して、汚れた血をキレイにして、また戻す作業をします。 人工透析は、1回の治療に4〜5時間かかり、週に2〜3回行います。これをほとんどの場合、一生続けなければいけないのが現状です。

人工心肺
装置

心臓外科における手術などの際、一時的に心臓と肺の機能を代行する医療機器。 心臓を切り開き、心臓内の手術を行うためには、一時的に全身から戻ってくる血液を体の外に導き、酸素を与え、動脈を介して体内に戻す必要があります。 これを体外循環といい、そのときに使用されます。

人工呼吸器

救急時や手術麻酔時に、また重症室で患者の肺に空気や酸素を送気して呼吸を助けるための装置。 通常使用されるのは、チュープを入れる気管挿入型です。 人工呼吸器は呼吸不全が治るまで呼吸を助けるもので、終末期の場合は、人工呼吸器にて呼吸の苦しみを楽にしてあげられますが、外すと死に直結する場合があり、外すことはできません。

穿刺

穿刺とは体外から血管や内臓に注射針を刺すことです。 人工透析を行うための血管に針を刺して、体内にたまった余分な水分や毒素を取り出したり、治療のため薬物を注入したりするのに行われます。

どのような事を学ぶ?

  • 1年次

    一般的な科目に加え、医学概論、解剖学など、医療従事者として基本的な知識を修得します。

  • 2年次

    医療機器のしくみや操作方法などの医学分野、また電気工学などの工学分野の専門的な知識を修得します。

  • 3年次

    臨床実習など、学校では学ぶ事のできない病院における技術、知識を修得します。また、国家試験対策も同時に学習していきます。